歴史

明治初頭、初代濵根弥一が島根県から北海道

渡るがうまくゆかず、青森へ。

息子である好太郎が現在の青柳橋を東に降りた

ところに小さい店を始める。

屋号の入〆(いりしめ)は港町にあった遊郭

から譲り受けたもの。

好太郎が早くに亡くなった為、息子の芳郎

(二代目)が継ぐまで、妻いよと長女あいが

店をきりもりする。芳郎(二代目)が物心

ついたときにはすでに現在の場所へ。

八甲田雪中行軍遭難事件があった年にすでに

営業していたとの証言により、明治35年を

創業の年とする。

現在、芳郎の息子が会長(三代目)、会長の

息子が代表取締役(四代目)を務める。

創業者 濵根好太郎


 

 

 

 

 

二代目

 

 

 

 

 

三代目

 

 

 

 

 

 四代目


  昭和15年頃

  後ろにしなそばの文字

  が見えます

  昭和35年頃

  昭和36年お品書き

  中華そば・ざるが六拾円

  です


    旧店舗

   マッチ